雷が落ちた夜に



ぴあろろん電信柱に月影が流れて君と指を絡めた


熊の仔がネオンサインに酔うように僕も眼を閉じ菜の花にいた


雷が君の近くに落ちた夜 言葉の消えた世界が始まる


静寂(sei-jaku):あたしがいないこと 辞書にもちゃんと書いておくから


友達でいた頃のこと雨粒の化石みたいに見つけたりする


素描だけ終えたら帰る準備してあたしに色をつけず帰って


ベランダに落ちた煙草の灰を踏む あなたのいない夜は綺麗だ


夕闇に金魚を溶かす筆を置く 誰があたしの名前呼んだの

すれ違いの猫たち

短歌・詩・散文を掲載しています。